WORKS_下線.png

DEWKS・DINKSの住まい方を
サポートする収納

現代の若い世代は、“終の棲家”や“マイホーム”といった意識は薄れ、“ミニマリスト”や“シェアハウス”などの住まい方に関心が高まり、家で過ごす時間や体験を重要視する人が増えてきている。その中で共働き世帯は、仕事により自分や家族との時間が削られ、思い描く住まい方と現実に格差が生じてしまうことが多いのではないか。

その差を埋めるための“住まい方をサポートする収納”を計画する。「可変性」「合理性」「簡便性」を兼ね備えた収納により、忙しい毎日の手助けとなり、共働き世帯が気持よく、自分達らしく暮らしていけることを目指した。

DEWKS,DINKS向け集合住宅・新築

所在地:神奈川県川崎市

面積:7339.85㎡ / 竣工:2021.2

施工:大成ユーレック

​​イラスト:野口 晴子